リレンザの画像

インフルエンザの季節には必ず役立つリレンザという商品をご紹介いたします。この商品はタミフルにも並ぶほど有名なインフルエンザ治療薬で、タミフルと同様にインフルエンザの予防効果もあります。粉を吸引するタイプなので喉のウイルスにも効果です。

インフルエンザでリレンザを使い眠気を感じた人の統計

インフルエンザは秋から感染する人が出始め、1月ごろ流行のピークとなります。ウイルスによる感染症のため突然の高熱や頭痛、倦怠感が起こり、食事や通勤など思うように日常生活を送れなくなります。感染症に指定されているため学校や職場への登校、通勤に関しても停止期間があり注意が必要な病気です。
インフルエンザの際はリレンザやタミフルを吸入したり服用したりします。タミフルに比べリレンザは異常行動などが起きにく、パウダー状の物を吸い込むため、ウイルスに直接働くことができることが特徴です。リレンザにはインフルエンザウイルスを死滅させることはできませんが、ウイルスが増えるのを抑える働きがあるので、リレンザを使用すると倦怠感や筋肉痛がなくなり、少しずつ食べ物を口にすることができるようになってきます。
統計的にみて、リレンザを使用するのは10代の子どもに多いです。これはタミフルを服用した子どもに異常行動が見られたことでこの時期の子どもにはリレンザを処方しています。統計で見るとタミフル以外の薬を使った時も異常行動は見られますが、ごく少数となっています。
リレンザの副作用としては気管支が弱い方、炎症を起こしている方はむせやすい、喉の炎症が広がる、眠気を感じるといったことがあります。統計で眠気を感じる方も多いですが、眠気はインフルエンザの症状でもあります。そのため副作用かどうかは医療機関にて相談する必要があります。熱が出ている間は体はウイルスと戦っており、ぐったり疲れている状態です。リレンザの使用により、ウイルスの増殖が止められ、体がほっと一息つき、眠くなっているということも考えられます。あまりに寝ていて、呼びかけにも応じないときにはもう一度受診する方が安心です。