リレンザの画像

インフルエンザの季節には必ず役立つリレンザという商品をご紹介いたします。この商品はタミフルにも並ぶほど有名なインフルエンザ治療薬で、タミフルと同様にインフルエンザの予防効果もあります。粉を吸引するタイプなので喉のウイルスにも効果です。

乾燥する時期のインフルエンザ陰性とリレンザの処方

リレンザはインフルエンザを治療できる特効薬のひとつで、ウイルスの増殖を抑えて回復を早めます。異常行動の副作用で有名になったタミフルと使い分けられており、インフルエンザの流行や症状、年代を加味して、医師が処方します。通常はインフルエンザを検査して陽性反応が出たら処方されるのですが、ウイルスが多く発見できないと陰性結果が出ることがあります。陽性なら間違いないですが、潜伏期間中やウイルスが増殖しきっていない時の検査では陰性になるので、感染したかしてないかでしか判断できず、リレンザの処方は医師の判断に任せられています。インフルエンザの流行は空気が乾燥した時期に起こりやすいのは、喉の粘膜が乾燥によって薄くなり感染しやすくなるためです。全国規模でインフルエンザが流行していた場合は、検査結果が陰性でも初期症状らしきものが現れていた場合は、感染したか感染する可能性が高いと見て、医師が処方することがほとんどです。リレンザを含む抗インフルエンザウイルス薬は、症状が発生してから48時間以内に使用することで効果を発揮しますが、時間を超えるとウイルスが増殖しきってしまい、効果はほとんど見られなくなります。診察の段階で症状が出始めた頃だと、48時間以内に再び受診する患者も少ないので、再検査をせずに処方に踏み切ることも少なくないのです。もしも、インフルエンザではなく風邪だったとして、その際にリレンザを使用したからといって、特別に副作用が強く出るような問題はないので安心して使用できます。問題は乾燥した時期ではインフルエンザの感染率が高まることなので、処方後にインフルエンザでは無かったとしても、部屋の加湿などをして、しっかりと予防に努めると良いでしょう。